■カテゴリ

■最新記事のヘッドライン
■こどみら小金井 Calendar

こどみら小金井 Calendar

■関連情報
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■アクセス数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小金井市議会議員選挙に向けて、立候補予定者へ公開質問状を出しました。
2011年3月11日に起こった東日本大震災及び、福島第一原発事故よりこの2年、子どもと未来を守る小金井会議(以下、こどみら)は、小金井市を中心に集まった市民が、子どもに対する放射能の影響や自然エネルギーへの転換などについて情報共有をし、学び合い、また行政への要望等も精力的に行ってきました。
その中で、最も身近な政治ともいえる市政に市民の声を反映することの重要性を実感することがたくさんありました。
来る3/24に、4年に1度の小金井市議会議員選挙が行われます。市議会議員選挙は、市民の代表を選ぶことができる、とても重要な選挙です。国政選挙より関心が遠のいてしまいがちですが、実は私たちの生活に直結しています。市民の声をダイレクトに市政へ届け、市民と共に歩む候補者を選びたい。そんな思いから「こどみら」では、立候補予定者の方々に公開質問状を配布、ご回答(3/13締切)をお願いいたしました。
ご回答の回収と集計を経て、3/16(土)までに、当「こどみらブログ」にて回答の公開を予定しております。
それぞれの候補者の、考え方、人となりを判断する一つの重要な指標になると思います。
回答はひとつの参考にして頂ければ幸いです。どうぞいましばらくお待ちください。

----------------------------------------------------------

2011年3月11日の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故から2年が経とうとしています。この事故によって放出された放射性物質により多くの被害が出ています。それを踏まえてご質問します。


<質問1> 国内の原子力発電所について

A 即時に原発をゼロにしていくべき
B 段階的に原発を減らし5年以内の原発ゼロを実現すべき
C 今後もいくつかの原発は必要

 その理由をお書きください。また、ご意見があればお書きください。(140字以内)


<質問2> 現在市立保育園・小中学校給食食材の放射性物質検査を行なっていますが

A 検査体制の強化、より安心で信頼性の高い業者や食材選択の見直しが必要と考えている
B 現行の市の測定体制、測定頻度の運用で十分と考えている。
C 特にその必要はないと考えている

 その理由をお書きください。また、ご意見があればお書きください。(140字以内)


<質問3> 小金井市には、市民が無料で食品の放射能測定ができる小金井市放射能測定室があり、市民の安心に役立っています。20年来、官民協働で運営しているこの測定室の今後に関して、

A 官民協働を評価し、測定品目の拡大や機材の更新などさらに内容を充実させていくべきと考えている。
B 現行の運用を継続することで充分だと考える。
C その他

 その理由をお書きください。また、ご意見があればお書きください。(140字以内)


<質問4> 2011年3月11日の福島第一原発事故により、私たちは様々な問題に気づき、直面しました。そのような中、この2年間にどのような活動をされてきましたか?具体的にお書きください。(400字以内)


<質問5> 質問4につづき、これからの市民生活の安心安全と、未来を担う子どもたちへの責任として、市政で取り組んで行くべき課題とその方策について簡潔にお書きください。(200字以内)


ご協力ありがとうございました。


事務局から | 22:37:12
日曜開催!「ママレボカフェ」@小金井 〜ママが変われば社会は変わる!今知りたい10のこと〜
いよいよ今度の日曜日、2/24に開催です!

「ママのパワーで社会を変えよう!

子どもたちの未来のために」


ママレボカフェ実行委員会のイベントのお知らせです。

------------------------------
多くのママたちが今起こっている社会問題や、政治の仕組みに関心を持ってもらえるようなカフェスタイルの勉強会を多摩地域5箇所で連続講座を開催することになりました。

テーマには子育て中のママとありますが、今まで教育・環境問題などへの市民活動に携わってきた方にも経験者としてぜひ、ご参加いただきたいと考えています。


◯第一回ママレボカフェ@小金井
タイトル:「子育て中のママたちが社会を変える!」

〜映画「町の政治・べんきょうするお母さん」上映会 &上原公子前国立市長の元気の出る話〜


上映会、講演会、座談会の3つが一緒になった、忙しいママ達のため欲張り企画で、ざっくばらんにお話できるお菓子付きカフェタイムもある、楽しい講座です。託児もありますので、お子さまと一緒にお気軽にご参加ください★


◎日時:2013年2月24日(日)
13:30〜16:30(受付13:15〜)
◎開催場所:小金井 桜並集会所(東京都小金井市中町3丁目19−12)
http://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00021863/map.html
◎講 師:上原公子さん   元東京都国立市市長
◎ゲスト:漢人あきこさん  小金井市議会議員・緑の党運営委員長
◎参加費 500円(資料代、お茶代)
◎持ち物 マイカップ
◎託児あります。
 ※1才から。1歳以下のお子さんはお母さんとご一緒に参加ください。
 お子さんが会場で一緒に参加も大丈夫です。
 託児をお申し込みの方は、申し込みフォームにてお子様の年齢と人数をお知らせください。

◎お申し込みはこちらから(定員60名)
http://kokucheese.com/event/index/71925/
◎主催:ママレボ実行委員会
 共催:セブンジェネレーションズ/ママレボ編集チーム
◎ 問合せ先 
E-mail : cafe.momsrevo@gmail.com
TEL : 080-3307-0427 (近藤)


●ママレボ・カフェとは、
ママ世代の女性たちが、社会で起こっている問題を ㈰「学び」、「㈪考え」、そして、具体的に良くするための「㈫アクション」を、みんなでワイワイ楽しみながら考えられる、カフェのような場です。 女性ならではのしなやかさと、前向きなパワーで「社会を良くしたい!」という思いが込められています。


◯開催概要
今回のママレボカフェは2月〜6月まで月一回開催、全5回の連続講座です。
毎回三鷹〜八王子の中央線沿線5カ所で、場所を変えて開催します。
詳しくは
●ブログ http://momsrevo.blogspot.jp/2013/01/blog-post.html
●facebookページ   http://www.facebook.com/pages/ママレボカフェママレボ実行委員会/325305220912718


事務局から | 16:25:00
開催:9.16 さよなら原発!小金井パレード〜こどもといっしょに歩こう〜
ひとりの母親の想いから始まったさよなら原発!こがねいパレード。
第4回目となるパレードは明日です!

お子さんが先頭を歩く、ほのぼのあったかい雰囲気のパレードです。
地元小金井でさよなら原発訴えて歩きましょう(^^)
ぜひご参加ください。

「9.16さよなら原発!小金井パレード」
日時:9月16日(日)
時間:15:30~こどものいのちを守る集い   
   16:00~ パレードスタート(50分程度の予定)
集合・解散場所:ジャノメ跡地(中町三丁目暫定広場)中町3-19

パレードの様子は「子どもと未来を守る小金井会議」のustreamから、中継いたします
http://ustre.am/yZBj

主催:さよなら原発小金井パレード

事務局から | 13:01:08
矢ケ崎克馬先生 講演会 in 三鷹沙羅舎
【午前の部】どうする?避難者の賠償請求べんきょう会

日時 2012年4月29日 10時から12時
会場 三鷹沙羅舎 地下ホール 東京都三鷹市下連雀3丁目1-24
参加対象 避難者なら誰でも
参加費 無料
主催 つながろう!放射能から避難したママネット@東京
協力 三多摩法律事務所
※保育の予定有り。
※終了後、会場一階でランチ交流を予定しています。(酵素玄米ランチ1050円。酵素玄米おにぎり400円。)


【午後の部】ふくしま集団疎開裁判 矢ヶ崎克馬氏を迎えて緊急の裁判報告会
『仙台高裁(二審)の行方は矢ヶ崎意見書(4)の評価で決まる』
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/04/blog-post.html

疎開裁判は、福島地裁郡山支部(一審)で「チェルノブイリ事故による健康被
害との具体的対比」からふくしまの未来を予測し、警告しました(矢ヶ崎意見
書〔抜粋〕・松井意見書〔抜粋〕参照)。
しかし、私たちの予想を超えて、半年を経ずして、その予測・警告は現実のも
のとなりました。すでに心筋梗塞で3名の高校生が亡くなったと言われていま
す。昨年10月の甲状腺検査の結果、南相馬市など4市町村の子供たちの約30%に
しこりや嚢胞が見つかり、札幌に自主避難した郡山市の子供にも甲状腺のしこ りが見つかりました。もはや「チェルノブイリからの警告」ではなく「ふくしま自身からの警告」が始まりました。
ふくしまで始まったこれらの新たな事態を警告したのが2月末に仙台高裁(二
審)に提出した矢ヶ崎意見書(4)です。
4月23日の講演会では、作成者の矢ヶ崎克馬氏自身から矢ヶ崎意見書(4)が提起
した重大な警告の意味について解説してもらいます。
そのあと、二審に係属中の疎開裁判は現在どうなっているのか、矢ヶ崎意見書
(4)はなぜ疎開裁判にとってそれほど重要なのか、二審で逆転判決を引き出す
ために主権者である私たち市民には何ができるかについて、弁護団の柳原敏夫弁護士
が解説します。

日時 2012年4月29日 13時30分(開場13時00分)~16時
講師 矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授)
演題「仙台高裁(二審)の行方の分かれ目となる矢ヶ崎意見書(4)について」
会場 舞遊空間 沙羅舎 地下ホール 東京都三鷹市下連雀3丁目1-24
参加対象 どなたでも
参加費 資料代500円(避難者無料)
定員 先着80名
主催 ふくしま集団疎開裁判
  つながろう!放射能から避難したママネット@東京

※保育予定有り
※資料印刷や会場運営は、避難者のお母さんが中心に行っています。カンパをいただけると嬉しいです。
※入場料は、全額 ふくしま集団疎開裁判へカンパします。

問い合わせ 【午前の部】【午後の部】ともに
つながろう!放射能から避難したママネット@東京
代表 増子理香 rika mashiko


事務局から | 17:57:20
3.11からの給食安全プロジェクト」キックオフミーティング
給食のことが気になるお母さん・先生・栄養士さん
集まろう、話そう、考えよう!!            
「3.11からの給食安全プロジェクト」 キックオフミーティング
 ~それぞれの立場を超えて子どもたちを守る給食について話し合いましょう~

給食の安全を守るためにはどうしたらいいの?
自治体や学校の、取組みはどうなってるの?進んでいるの?
先生や、栄養士さんたち、悩んでいませんか?

今、全国各地で給食の安全について悩み取り組んでいる大勢のお母さん達、
そして学校でも、自治体でも取組みにに悩んでいる関係者の方達も多いと思います。
そこで給食の安全を守るため、お母さん達どうしが地域を越えてつながり、
知恵と思いを共有する場をつくりたい。そして先生や栄養士さん、自治体の方、
業者さんなど給食に関わる人達が立場を超えて話し合い、取組みを進めていくための
対話の場ができないかとの思いから、「3.11からの給食安全プロジェクト」を立ち上げ
全国に呼びかけることにしました。

そのキックオフとして、5/12日(土)に第一回ミーティングを開催します。
先ずは、集まり、つながりましょう。
つながることで、とても参考になる情報に勇気づけられたり、
何かしたいと思っているお母さん方には、きっと有益なヒントを見つけて
一緒に話せる仲間づくりも出来ます。

 午前中は今実施中の自治体の取り組みについての聞き取りアンケートの報告、
 各地の活動事例の報告をしあい、現状について共有します。
 そして午後は安全な給食について先進的な取組みをしている自治体の業者さんや
 熱心に取り組んでいる栄養士さん、学校関係者(打診中)を及びして話を聞きながら、
 現状の課題と今後の解決のためのアイデアを立場を超えて一緒に話し合います。

一日盛りだくさんな内容ですが、子どもたちの安全な給食への取組みに
大きな一歩としていきたいと思います。お子様連れでも大丈夫ですので、
ぜひ、集まり、話し合いましょう!


【日時】2012年 5月12日(土)10:00~16:30 受付9:30~

【プログラム】
●開場・受付 9:30〜
●午前 <現状を知ろう。課題を見つけよう!> 10:00~12:00
    ①~各地の給食の現状を共有しよう~
      実施中の自治体聞き取りアンケートの第一次中間報告
    ②~課題を見つけよう~
     ・実際の給食活動事例の提供(話せる団体は当日発表もあり)
      ・みんなで課題を出しましょう。
●午後 <知恵を出し合おう!つながろう!> 13:00~16:30
    ③~立場を超えて子どもを守る給食について話し合おう~
      給食の安全に取り組んでいる業者さん、栄養士さん、
      学校関係者(打診中)の方達に話題提供頂いて、話し合います。
    ④~次のステップへ知恵を出し合おう~
      参加者全員でテーマ別に分かれてワークショップ。
      解決策のヒントを話し合いましょう。

【参加費】1,000円
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター
    センター棟102号室
【主催】3.11からの給食安全プロジェクト実行委員会
    子ども全国ネット ネットワークアクション

お問い合せはこちらへ



申し込みが必要ですのでご都合のつく方はぜひ、ご参加下さい!!
プロジェクトブログはこちら

★申し込みはこちらから(募集200名 先着順)


事務局から | 16:21:57
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。