■カテゴリ

■最新記事のヘッドライン
■こどみら小金井 Calendar

こどみら小金井 Calendar

■関連情報
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■アクセス数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
イマドキこがねいのお母さんネットワーク情報交換会
一挙大公開! 3.11後の小金井子育て事情


市内の5つの市民団体に参加している子育て中のメンバーが集まって話をします。
2011年3月の東日本大震災を機に出来たグループが多く、発足当時のメンバーの思いや、そのグループ結成のきっかけなど、今だから冷静に話せること、現在の状況などの話が聞けます。

また、参加者の方々と子育てについて、小金井について意見を交換しながら、一緒に考える時間もあります。
お気軽にご参加ください!

チラシをクリックすると拡大されます。

ダウンロードはこちら↓ ↓ ↓ 
表 面     裏 面

イマドキお母さんネットワーク表

イマドキお母さんネットワーク裏





関連記事
スポンサーサイト
イベント | 16:37:33
市内幼稚園の空間放射線量の定点測定結果が更新されました。
小金井市はHPにて、市内幼稚園の空間放射線量の定点測定結果を更新しました。

測定結果はこちら

環境政策課で、3ヶ月に1度定点測定をしています。
今後、認可保育園、市立小・中学校、児童館・学童保育所の結果が更新される予定です。



関連記事
測定結果 | 22:34:34
小金井市放射能測定室のホームページが更新されました。
小金井市放射能測定器運営連絡協議会(以下、小金井市放射能測定室)のホームページが更新されました。
10月25日から11月6日までの、市民が持ち込んだ食品の測定結果が追加されています。

小金井市放射能測定室では、小金井市民の方は食品を持ち込んで無料で検査を受けることができます。
必要検体量は200cc。最近は比較的すいています。
以下より測定申し込みができます。
市役所:TEL:042‐383-1111(代表)
小金井市放射能測定室HPはこちら

関連記事
測定結果 | 09:04:08
小金井市放射能測定室のホームページが更新されました。
小金井市放射能測定器運営連絡協議会(以下、小金井市放射能測定室)のホームページが更新されました。
10月11日から10月23日までの、市民が持ち込んだ食品の測定結果が追加されています。

小金井市放射能測定室では、小金井市民の方は食品を持ち込んで無料で検査を受けることができます。
必要検体量は200cc。最近は比較的すいています。
以下より測定申し込みができます。
市役所:TEL:042‐383-1111(代表)
小金井市放射能測定室HPはこちら

関連記事
測定結果 | 21:29:56
「世界が食べられなくなる日」小金井上映のお知らせ
「世界が食べられなくなる日」
小金井上映会のお知らせ

いま、わたしたちの食は静かに脅かされています。
すでに大量に輸入され口にしている、遺伝子組み換え食品の健康への影響、
原発事故後の食への不安…。この映画で浮かび上がる、
“遺伝子組み換え”と“原子力”、ふたつのテクノロジーの暴走。
未来を生きるすべての人に知ってほしい内容です。


日時:2014年1月10日(金)3回上映
第1回10:00~(保育あり) 第2回14:00~ 第3回19:15~
※保育希望の方は事前にお申し込みください
場所:小金井市民交流センター 小ホール(JR武蔵小金井駅南口すぐ)
料金:当日1,200円 前売り1,000円 高校生以下500円
日本語字幕入りの作品です(吹き替え版ではありません)


主催:「世界が食べられなくなる日」小金井上映実行委員会
共催:さよなら原発!小金井パレード 
後援:小金井市教育委員会
小金井上映協力:小金井の給食を守る会・小金井市放射能測定器運営連絡協議会・
子どもと未来を守る小金井会議・トランジションタウン小金井・eシフト


前売券取扱店:武蔵小金井エリア 小金井市民交流センター(042-380-8077)、セレクトショップゆうすい(042-301-7345)、ろばや(042-388-5441)、新生書店(042-384-8700)、てのひらストア(070-6993-0545)  東小金井エリア カフェ・フラココ(042-207-0422)


問合せ:☎042-380-8270 sekatabekoganei@gmail.com 


※本作には、小金井市在住の母親たちが立ち上げた「さよなら原発!小金井パレード」
第1回目(2011年6月12日)の様子が映っています。
※上映会をお手伝い頂ける方を募集しています


○どんな映画?「世界が食べられなくなる日」

世界第2位の原発保有数58基が稼働中で常にリスクと隣り合わせのフランスと、福島第一原発事故以降の日本。その地に住む農家はどのような影響を受けたのか。人間だけでなくすべてのいのちの根幹を脅かす二つのテクノロジーの共通点からみえてくる不都合な真実とは?『未来の食卓』『セヴァンの地球のなおし方』で“食の重要性”を訴え続けるフランス人監督ジャンーポール・ジョーがカメラを向けた、ドキュメンタリー映画です。


監督:ジャン=ポール・ジョー 
製作:ベアトリス・カミュラ・ジョー 
ナレーション:フィリップ・トレトン 
パーカッション:ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ
(2012年/フランス/118分/原題:Tous Cobayes?)
配給・宣伝:アップリンク 
協力:福島県民連、農民運動全国連合会、
大地を守る会、生活クラブ生協、ビオ・マルシェの宅配、
食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク、
パルシステム生活協同組合連合会、
ナチュラル・ハーモニー

「世界が食べられなくなる日」小金井上映


関連記事
イベント | 11:58:57

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。