■カテゴリ

■最新記事のヘッドライン
■こどみら小金井 Calendar

こどみら小金井 Calendar

■関連情報
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■アクセス数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小金井市放射能測定室のHPが更新されました。
小金井市放射能測定器運営連絡協議会(以下、小金井市放射能測定室)のホームページが更新されました。
4月20日から4月26日までの、市民が持ち込んだ食品の測定結果が追加されています。

小金井市放射能測定室のHPはこちら

関連記事
スポンサーサイト
測定結果 | 09:22:46
小金井市放射能測定室のHPが更新されました。
小金井市放射能測定器運営連絡協議会(以下、小金井市放射能測定室)のホームページが更新されました。
4月17日から4月20日までの、市民が持ち込んだ食品の測定結果が追加されています。

小金井市放射能測定室のHPはこちら

関連記事
測定結果 | 18:04:22
矢ケ崎克馬先生 講演会 in 三鷹沙羅舎
【午前の部】どうする?避難者の賠償請求べんきょう会

日時 2012年4月29日 10時から12時
会場 三鷹沙羅舎 地下ホール 東京都三鷹市下連雀3丁目1-24
参加対象 避難者なら誰でも
参加費 無料
主催 つながろう!放射能から避難したママネット@東京
協力 三多摩法律事務所
※保育の予定有り。
※終了後、会場一階でランチ交流を予定しています。(酵素玄米ランチ1050円。酵素玄米おにぎり400円。)


【午後の部】ふくしま集団疎開裁判 矢ヶ崎克馬氏を迎えて緊急の裁判報告会
『仙台高裁(二審)の行方は矢ヶ崎意見書(4)の評価で決まる』
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/04/blog-post.html

疎開裁判は、福島地裁郡山支部(一審)で「チェルノブイリ事故による健康被
害との具体的対比」からふくしまの未来を予測し、警告しました(矢ヶ崎意見
書〔抜粋〕・松井意見書〔抜粋〕参照)。
しかし、私たちの予想を超えて、半年を経ずして、その予測・警告は現実のも
のとなりました。すでに心筋梗塞で3名の高校生が亡くなったと言われていま
す。昨年10月の甲状腺検査の結果、南相馬市など4市町村の子供たちの約30%に
しこりや嚢胞が見つかり、札幌に自主避難した郡山市の子供にも甲状腺のしこ りが見つかりました。もはや「チェルノブイリからの警告」ではなく「ふくしま自身からの警告」が始まりました。
ふくしまで始まったこれらの新たな事態を警告したのが2月末に仙台高裁(二
審)に提出した矢ヶ崎意見書(4)です。
4月23日の講演会では、作成者の矢ヶ崎克馬氏自身から矢ヶ崎意見書(4)が提起
した重大な警告の意味について解説してもらいます。
そのあと、二審に係属中の疎開裁判は現在どうなっているのか、矢ヶ崎意見書
(4)はなぜ疎開裁判にとってそれほど重要なのか、二審で逆転判決を引き出す
ために主権者である私たち市民には何ができるかについて、弁護団の柳原敏夫弁護士
が解説します。

日時 2012年4月29日 13時30分(開場13時00分)~16時
講師 矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授)
演題「仙台高裁(二審)の行方の分かれ目となる矢ヶ崎意見書(4)について」
会場 舞遊空間 沙羅舎 地下ホール 東京都三鷹市下連雀3丁目1-24
参加対象 どなたでも
参加費 資料代500円(避難者無料)
定員 先着80名
主催 ふくしま集団疎開裁判
  つながろう!放射能から避難したママネット@東京

※保育予定有り
※資料印刷や会場運営は、避難者のお母さんが中心に行っています。カンパをいただけると嬉しいです。
※入場料は、全額 ふくしま集団疎開裁判へカンパします。

問い合わせ 【午前の部】【午後の部】ともに
つながろう!放射能から避難したママネット@東京
代表 増子理香 rika mashiko


関連記事
事務局から | 17:57:20
3.11からの給食安全プロジェクト」キックオフミーティング
給食のことが気になるお母さん・先生・栄養士さん
集まろう、話そう、考えよう!!            
「3.11からの給食安全プロジェクト」 キックオフミーティング
 ~それぞれの立場を超えて子どもたちを守る給食について話し合いましょう~

給食の安全を守るためにはどうしたらいいの?
自治体や学校の、取組みはどうなってるの?進んでいるの?
先生や、栄養士さんたち、悩んでいませんか?

今、全国各地で給食の安全について悩み取り組んでいる大勢のお母さん達、
そして学校でも、自治体でも取組みにに悩んでいる関係者の方達も多いと思います。
そこで給食の安全を守るため、お母さん達どうしが地域を越えてつながり、
知恵と思いを共有する場をつくりたい。そして先生や栄養士さん、自治体の方、
業者さんなど給食に関わる人達が立場を超えて話し合い、取組みを進めていくための
対話の場ができないかとの思いから、「3.11からの給食安全プロジェクト」を立ち上げ
全国に呼びかけることにしました。

そのキックオフとして、5/12日(土)に第一回ミーティングを開催します。
先ずは、集まり、つながりましょう。
つながることで、とても参考になる情報に勇気づけられたり、
何かしたいと思っているお母さん方には、きっと有益なヒントを見つけて
一緒に話せる仲間づくりも出来ます。

 午前中は今実施中の自治体の取り組みについての聞き取りアンケートの報告、
 各地の活動事例の報告をしあい、現状について共有します。
 そして午後は安全な給食について先進的な取組みをしている自治体の業者さんや
 熱心に取り組んでいる栄養士さん、学校関係者(打診中)を及びして話を聞きながら、
 現状の課題と今後の解決のためのアイデアを立場を超えて一緒に話し合います。

一日盛りだくさんな内容ですが、子どもたちの安全な給食への取組みに
大きな一歩としていきたいと思います。お子様連れでも大丈夫ですので、
ぜひ、集まり、話し合いましょう!


【日時】2012年 5月12日(土)10:00~16:30 受付9:30~

【プログラム】
●開場・受付 9:30〜
●午前 <現状を知ろう。課題を見つけよう!> 10:00~12:00
    ①~各地の給食の現状を共有しよう~
      実施中の自治体聞き取りアンケートの第一次中間報告
    ②~課題を見つけよう~
     ・実際の給食活動事例の提供(話せる団体は当日発表もあり)
      ・みんなで課題を出しましょう。
●午後 <知恵を出し合おう!つながろう!> 13:00~16:30
    ③~立場を超えて子どもを守る給食について話し合おう~
      給食の安全に取り組んでいる業者さん、栄養士さん、
      学校関係者(打診中)の方達に話題提供頂いて、話し合います。
    ④~次のステップへ知恵を出し合おう~
      参加者全員でテーマ別に分かれてワークショップ。
      解決策のヒントを話し合いましょう。

【参加費】1,000円
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター
    センター棟102号室
【主催】3.11からの給食安全プロジェクト実行委員会
    子ども全国ネット ネットワークアクション

お問い合せはこちらへ



申し込みが必要ですのでご都合のつく方はぜひ、ご参加下さい!!
プロジェクトブログはこちら

★申し込みはこちらから(募集200名 先着順)


関連記事
事務局から | 16:21:57
小金井市放射能測定室のHPが更新されました
小金井市放射能測定器運営連絡協議会(以下、小金井市放射能測定室)のホームページが更新されました。
4月10日から4月13日までの、市民が持ち込んだ食品の測定結果が追加されています。

小金井市放射能測定室のHPはこちら

関連記事
測定結果 | 22:28:48
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。