■カテゴリ

■最新記事のヘッドライン
■こどみら小金井 Calendar

こどみら小金井 Calendar

■関連情報
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■アクセス数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
意見書「国策の原子力エネルギー政策を見直し、自然エネルギー政策への転換を」
6月28日の小金井市議会での陳情が採択され、国への意見書が送付されました。



国策の原子力エネルギー政策を見直し、自然エネルギー政策への転換を求める意見書

レベル7という、重大な原子力発電所事故が日本でも起こった。3か月が経った今も収束のめどは立っていない。環境に放出された放射能は、長年消えることなく人々の命や暮らしを脅かし続け、人々を底知れぬ不安に陥れる。放射能を制御することがいかに難しいかということを、私たちは今回の事故で思い知った。どんなに立派な設備を造っても、思わぬ人為ミスや想定外の災害によって事故は起こる。人の手に負えない放射能を発する原子力発電は、できるだけ早く止めるべきである。
事故がなくても原子力発電所には次のような大きな問題がある。
・ 稼働すれば、新たな放射能を生み出すが、放射性廃棄物の処理方法や技術は未確
立で、次世代に問題を残す。
・  原子力発電所から出る放射能の中には、原爆の材料プルトニウムも含まれており、
貯まり続けている。プルトニウム利用の高速増殖炉もんじゅは事故以来再稼働のめどが立たず、苦肉の策として、プルトニウムをウランと混ぜ、普通の原子炉で燃やすという危険なことを始めた。
・ 通常運転でもトラブルや小さな事故は頻発し、被ばく労働者を生み出している。
・ 通常運転の時、原子炉冷却のために海水を引き込み、毎秒70トンの温排水とし
て海に放流しているため、周辺海域の温度が上昇、生態系に悪影響を与えている。
・ 1基を廃炉するのに10年から30年かかり、膨大な費用を要する。しかも高レ
ベルに汚染されたがれきの処理方法や技術は確立していない。
このように様々な問題を抱えた原子力発電所が、地震大国の日本に現在54基もある。老朽化したものや活断層の上に建てられているものもあり、非常に危険である。
子どもたちに安心して暮らせる未来を残すため、今回の事故を教訓にし、今こそ日本は原子力に頼るエネルギー政策を早急に見直すべきである。そして、自然エネルギー等の再生可能エネルギーへの全面転換へと舵を切り、真のクリーンエネルギー立国となって、世界に貢献していくべきである。多くの叡智を結集し、原子力エネルギー開発に投じてきた膨大な国費を自然エネルギー開発に投じ、全力で取り組めば脱原発は必ず実現できる。
よって、小金井市議会は、政府に対し、以下の点を求めるものである。
1 国策として推進してきた原子力エネルギー政策を見直し、自然エネルギーを主流とするクリーンエネルギー政策へ転換すること。
2 現在新設中の原子力発電所の建設を中止すること。
3 既存の原子力発電所は、老朽化の進行状況や立地条件の危険度などを勘案して、順次廃炉にすること。
4 がれきを含む原子力関連の廃棄物処理に当たっては、安全な処理方法や埋設場所など十分な研究、検討と情報公開を行うこと。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成23年6月  28日

小金井市議会議長 野見山 修 吉 

 内閣総理大臣 様
 文部科学大臣 様
 経済産業大臣 様
 国家戦略担当大臣 様



関連記事
スポンサーサイト
自治体交渉 | 00:00:00
意見書「食品に関する放射能暫定基準値の見直しを求める」
6月28日の小金井市議会での陳情が採択され、国への意見書が送付されました。



食品に関する放射能暫定基準値の見直しを求める意見書
 

平成23年3月11日の東日本大震災により、福島第一原子力発電所が被害を受け、環境中に放射性物質が放出される事態が引き起こされた。
大気中に放出された放射性物質が飲料水や農作物にも被害をもたらし、厚生労働省は3月17日に暫定基準値を設け、現在この基準に基づき農作物のチェックが行われている。
しかし、この暫定基準値は事故前の輸入規制基準やWHO(世界保健機関)、ドイツ放射線防護協会の示す基準などよりも高く設定されており、事故の前であれば市場に流通することのできなかった値の食品も売られている。
人の体は暫定基準に合わせて強くなることはない。緊急的な措置であることは理解できるが、これを早期に事故前の状態に近づけ、戻してゆく努力が必要である。
よって、小金井市議会は、政府に対し、食品に関する放射能暫定基準値を早期に見直すよう求めるものである。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成23年6月 28日

小金井市議会議長 野見山 修 吉 

 内閣総理大臣 様
 厚生労働大臣 様



関連記事
自治体交渉 | 00:00:00
意見書「学校の校舎・校庭等の利用基準を見直し、子どもの被ばく量を最小化するための措置を求める」
6月28日の小金井市議会での陳情が採択され、国への意見書が送付されました。



   学校の校舎・校庭等の利用基準を見直し、子どもの被ばく量を最小化するための措置を求める意見書

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故は、放射能による深刻な環境汚染をもたらした。平成23年4月19日、文部科学省は、学校の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年1ミリシーベルトから20ミリシーベルトという暫定基準を福島県教育委員会や関係機関に通知した。
その後、5月27日に、上限「年20ミリシーベルト」の基準は変えないものの、「年1ミリシーベルト以下に抑えることを目指す」と目標を示した。しかし、「年20ミリシーベルト」までとした暫定基準は撤回せず、1ミリシーベルトも今年度のみの目標であり、この基準の中に、福島第一原子力発電所の事故後からの積算線量や学校外における積算線量は含まれていない。
さらに、子どもは、大人に比べてはるかに感受性が高く、放射線の影響をより受けやすいことが知られている。子どもが長時間過ごす学校に適用する基準値がこの数値であるのは問題である。
また、政府が示した数値は、内部被ばくを考慮していない。今後、福島県を中心に関東圏も含めた子どもの内部被ばく調査を実施することが必要である。
子どもの被ばく量を最小化するためには、除染、自主避難、疎開等の取組が円滑に進むように最大限の支援を行うべきである。
よって、小金井市議会は、政府に対し、学校の校舎・校庭等の利用基準である上限「年20ミリシーベルト」の基準を見直し、内部被ばくを含めた「年1ミリシーベルト以下」の現行基準を厳守することを強く求めるものである。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成23年6月 28日

小金井市議会議長 野見山 修 吉 

 内閣総理大臣 様
 文部科学大臣 様
 厚生労働大臣 様



関連記事
自治体交渉 | 00:00:00
講演会「市民がつくる自然エネルギー」古屋将太さん
先日、発足した「小金井自然エネルギープロジェクト」の取り組みとして、講演会が開催されます。
講演会の詳細は、以下です。

タイトル:市民がつくる自然エネルギー
ゲストスピーカー :古屋 将太さん(環境エネルギー政策研究所
日時 :7月1日(金) 19:00~21:30
場所 :東小金井マロンホール1F

・自然エネルギーって何?
・小金井にあるエネルギーとは?
・私たちに何ができるの?

東日本大震災が発生した『3.11』以降、小金井でも差し迫った深刻な問題があります。ひとつは子どもたちを放射能からどう守るか、そしてこの夏の節電対策、さらに経済(仕事)への不安・・・。東京電力福島第一原発事故は現在も続き、事態の収束にどのくらいの時間とエネルギーがかかるのかは、残念ながら誰にも予想できません。

小金井市内で働き、生活する私たちは、「3.11」以降、エネルギーの無駄遣いをやめ、多様な自然(再生可能)エネルギーを利用した環境負荷の少ない新たなしくみ作りが大事と考えます。自然エネルギーの普及を通じて、私たちは確実に原子力や化石燃料への依存を減らせます。

そこで今回、小金井で自然エネルギーを普及・促進させるため、市民による『小金井自然エネルギープロジェクト』を立ち上げます。これは、長野県飯田市の「おひさまエネルギー株式会社」など、日本国内や世界各地の自然エネルギー普及の取組に啓発されたものです。

今回は、自然エネルギーに詳しいNPO『環境エネルギー政策研究所(ISEP)』の古屋将太さんをゲストに迎え、ご自身の経験や小金井での市民エネルギー計画をスタートするにあたっての提案についてお話ししていただきます。
いっしょに小金井のエネルギーの未来を考えてみませんか?

プログラム
第一部 エネルギー・シフトってなに?
 7:00~7:50 ポール・シェファード、近藤立男ほか(トランジション・タウン小金井)
 休憩 & ディスカッション

第二部 市民がつくる自然エネルギー
 8:00~8:50 古屋将太さん(環境エネルギー政策研究所)
 8:50~9:00 Q&A
 9:00~9:30 ディスカッション&意見交換

主催:トランジション・タウン小金井(TTK)


関連記事
イベント | 00:00:00
第1回 茶話会「3.11以降の子どもとの生活」
茶話会を以下の内容で開催します。

第1回 茶話会「3.11以降の子どもとの生活」
    
日時 :7月1日 10:00~12:00
場所 :小金井市公民館 本館 3F 生活室

3.11の震災以降、こどもたちを取り巻く生活環境にひとりで悩んだり、不安や疑問にをお持ちのお母さん、一緒にお話ししませんか?
会場は、9時40分から13時まで利用できますので、会の後にそのままお昼ごはんを食べてもらうこともできます。
(お弁当やドリンクは各自ご用意ください)






関連記事
イベント | 00:00:00
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。